忍者ブログ

[PR]


 2019年11月17日    
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

外科医の時間術


 2019年07月01日   Twitter 

ストレスが溜まりやすい性格の人がストレスが溜まりにくくする方法


 2019年05月13日   メンタルヘルス 
発達障害か癇癪持ちかは分かりませんが、ストレスが溜まりやすい性格なのかも知れませんね。

長期的な対処法としては、性格(考え方の習慣)を変えることです。
腹が立つこと、不安、嫌なことがあるときは好きなことをしたりして忘れるようにします。嫌なことはすぐに忘れる習慣をつけるということです。
ストレスが溜まりやすい性格の人は「腹が立つときは腹を立てているべきだし、不安があるときは不安を噛みしめるべきだ、その方が自分に正直だ」と考えがちです。
しかし、これは良くない考え方の癖です。腹が立つときや不安に感じるときは他の事を考えて忘れるべきです。これを習慣づけます。

ただ、考え方の習慣を変えるには年単位の時間がかかることがあります。なんせ性格を変えることなので結構難しいです。
そこで短期的な対処法も書いておきます。

・腸内環境を整える
・タンパク質をとる
・急激な血糖値の上昇をしない
・散歩をする

【腸内環境と整える】
腸は第二の脳と呼ばれているほどで腸内環境が悪いとイライラが溜まりやすくなります。野菜をとり食物繊維を多く摂り、ヨーグルトなどで乳酸菌を摂りましょう。

【タンパク質をとる】
ストレスがたまると、脳の神経伝達物質が減少して幸福感が弱まります。すると余計にストレスが溜まります。
そこで、神経伝達物質の材料になるタンパク質(肉、魚、大豆、卵、乳製品)を意識して摂るようにします。

【急激に血糖値を上昇させない】
甘いもの(ジュース、お菓子)を食べると血糖値が急激に上がり、そのご急激に下がります。そのときにアドレナリンというホルモンが分泌してイライラの原因になります。なので甘いものの一気食いは控えましょう。

【散歩をする】
ストレスが溜まらないように小まめにストレス解消するのがいいです。友達と遊んだり、趣味に打ち込んだり。
しかしそういったものが手軽にできないのなら、ウォーキングをお勧めします。散歩をすると先ほど書いた神経伝達物質の分泌が良くなりストレスが減ります。なので沢山歩くと良いですよ。

以上の長期的な方法と、短期的は方法を試してみてくださいm(__)m

30代後半~40代のナンパブログを集めてみた


 2019年05月07日   机上のナンパ論 
俺もアラフォーの世代に入ってきた。ルックス的にも崩れてくるし年齢グダというものも発生しだすのでナンパをするのには不利になってくる世代である。
そこで、自分を勇気づけるためにも同年代~同年代以上の世代のナンパブログを集めてみた。

かつおのナンパ日記
2018年4月で36歳になるとのこと。

30代後半男がナンパでモテる

アラフォーのナンパ日記

アラフォーナンパ師の終わりなき挑戦

アラフォー独身男の崖っぷちブログ

アラフォー男子のナンパ日記

Go Go アラフォー ナンパ プロジェクト

アラフォーナンパ師トモの日記

アラフォーナンパ師ひろまろのナンパブログ

おっさんのナンパ日記

40代 ナンパ挑戦中!!!(年齢なんてきにしない)
深夜労働の低スぺのおっさん。ナンパ師はこういう人が多い。何かしらの才能はあっただろうけど才能を活かしきれなかった人。
声掛け数が圧倒的に少ない。4時間で14声掛けとか時間が勿体ない。もっとテンポよく声掛けないと。

40代、おっさんのナンパブログ

PUA40

40歳絶望男のナンパ孤軍奮闘日記
2011年11月時点で36歳。

42歳おっさんナンパブログ

40代からのナンパ
40代ナンパを始めた自営業。結果(ゲット)が出ないままブログは途切れている。理屈っぽい投稿が多い。恋愛工学的な思考はあるが、声掛け数が少ない。トライ&エラーをしっかり意識しているのは良いが、路上でもっと数打った方がいい。

40歳、ナンパで婚活日記
2013年秋ごろからスト開始したよう。最初は初心者丸出し。見た目年齢はかなり若いっぽい。
2016年7月時点で40歳。26、27ぐらいとサバをよんでいた相手を彼女化して実年齢をカミングアウト。

四十路どもんの中2からナンパしてます
どもんの出会いデータベース
1991年で中学2年生(13、14歳)。つまり2013年以降は35歳以上。

何事もやってみなけりゃ分からない
良い感じだったのに途中でブランクに陥ったようでブログは止まってる。

ナンパで痩せてコミュ力UP!一挙両得☆二兎追い日記
2014年9月時点で39歳。年齢はサバをよんでナンパをしているとのこと。

リックの「大人のためのナンパ戦略研究室」
2012年2月時点で43歳。妻子持ち。もちろん家族には内緒。複数の彼女がいるとのこと。ナンパ講師。アラフォーからナンパを始めたとのこと。サイコパスっぽい。



PS:

このまとめをしていてなんとなく思ったのは、俺って年齢のこと気にしすぎじゃね?ってこと。

確かにナンパにおいて加齢は大きなハンデなのは確かだ。それは認めなければいけないし目をそらしていてもいけない。しかしそのことで必要以上に卑屈になるのはもっと良くない。

以前俺はニートで金が無くそのことがコンプレックスだった。ナンパをする上でもそのことが大きなハンデとなっていた。しかし今考えればニートであること以上にニートである事で卑屈になることが最もナンパに悪影響をあたえていたと今は思っている。

コンプレックスというのはそのことで実際にハンデがあるのは確かなのだが、本人が卑屈になればなるほどハンデは大きくなるのだ。
むしろハンデをネタにして笑い飛ばすぐらいの気概が必要だ。そういった前向きな考え方や、明るさ、メンタルの強さが女を惹きつけたりする。

大人の発達障害を疑う大学生への助言


 2019年05月05日   メンタルヘルス 
最近、多動性や注意欠陥がある、また空気が読めずコミュニケーションで苦労しているとの悩みがあり、発達障害を疑っている女子大生と話しをした時の、俺からの助言が割と秀逸だったのでここに書いておくw

幼少期にどうだったかが分からないと何とも言えないですね。
大人になってからその症状が出たのなら別の病気や原因が考えられますが、幼少期から何らかの症状(多動、注意欠陥、空気が読めない)がずっと続いているのなら発達障害の可能性があります。
ただ、普通に大学やアルバイトに行けていて友人関係も築けているのなら軽度だと思いますが。

病院の受診についてですが、軽度の場合は診断結果がまちまちになります。
「あなたは発達障害です」とはっきりと診断が降りるところもあれば、「グレーゾーンです」とか「発達障害の可能性がある」とだけ言われることもあります。
また、病院によっては「発達障害ではないです。気にしすぎです。」と言われることもあります。

なので、病院に行くかどうかは、あなたが発達障害の確定診断が欲しいかどうか?が重要になってきます。
もし確定診断が欲しいのであれば、診断が降りるまで病院を何件かまわればいつかは診断は降りると思います。

しかしながら発達障害の診断が正式に降りるということが人生においてデメリットになることもありますので注意が必要です。

以下は確定診断を受けることによるメリットとデメリットです。

【メリット】
・投薬(ストラテラ、コンサータ)を試せる
・障害者手帳の取得など社会的な支援が受けれる

【デメリット】
・社会的信用が下がる
・思わぬところで偏見にあう

これらをよく考えて診察を受けにいってください。

現時点で投薬や社会的な支援が欲しいわけでは無いのであれば、急いでいく必要はないかと思います。
発達障害について自分なりに書籍やネットで調べて、諸々の困りごとへの工夫や対処法と今後の生き方の指針をじっくりと考えていくと良いでしょう。

努力や根性で解決するのではなく、『工夫をする』『向いていないことは諦める、避ける』というのが、発達障害の特性がある人の生き方だと思います。
時間は掛かるかもしれませんが、それを個人個人でカスタマイズしていくしかないです。
それでも、どうしても無理なら確定診断をもらい障害者として社会的な支援を受けながら生きていくというのも選択肢として考えましょう。

以上!!