忍者ブログ

はてなブログをバズらしてアフィリエイト記事に書き換えるというブラック手法


 2018年09月18日   アフィリエイトおぼえがき 
はてなブログを使ったとあるアフィリエイト手法があるらしいので紹介する。で、その手法を行おうとしているであろうブログを見つけたのでここで紹介。

どんな手法なのか?

  1. はてなブログでバズりそうな記事を書く
  2. はてなブックマークが集まる
  3. 被リンク効果でドメインパワーが上がる
  4. しれっとアフィリ記事に書き換える
簡単に言うとこんな感じ。

まあ、1.のバズりそうな記事を書くってのが難しいんだけどもさ…w

当該のブログ

当該のブログはこれ→新卒で入社したホンダをたった3年で退職しました
(一応魚拓とっといた→https://archive.fo/GGyna)

ちなみに以下のような指摘があったので今回の件に気づいた。

コピペの創作怪文書でバズらせてブログのページランクを上げておいて、後からFXやら健康食品やらのアフィリエイトで儲けようという意図だと思う。そういうのに釣られるブクマカの人って・・・
http://b.hatena.ne.jp/entry/371214916/comment/serio

なんか見覚えがあると思ったら、このブログの劣化コピーでは? http://fxhonda.seesaa.net/article/442237628.html
http://b.hatena.ne.jp/entry/371214916/comment/skel

(消えた)元ネタの魚拓  http://j.mp/2xrohWC  / これを書き直したわけだから、元ネタは事実だと認定できる。ただし本記事はほとんどコピペ。/ 元ネタは電子情報技術者の話。本記事は自動運転。自社開発は無理ぽ?
http://b.hatena.ne.jp/entry/371214916/comment/blueboy


どうやら過去に別のブログにあった記事(seesaaブログ)をコピーしているとのこと。でもなぜか元記事は削除されているもよう。当該ブログができた当初はあったらしいけど最近削除されたもよう。

つまり、当該ブログを作ってからコピー元を消したってことになる。
たまたま作られた時期と消された時期が被ったって可能性もあるが、ここから推測されるのは、当該ブログの主とコピー元ブログの主は同一人物?あるいはコピー元の記事を買い取った?ってところ。

まあ、とにかく当該ブログがどのように変化していくのか(そのまま更新されていくのか?予想どおりアフィ記事に書き換えられるのか?)今後注目だ。

名言を集めてみましたー


 2018年09月06日   目的遂行 

エジソンの名言

  • 思いどうりにならないことが起こるのはあたりまえという前提で行動していく。これが成功する人の特徴です。
  • 一度歩き出したら、到底超えることができないという場合でも立ち止まってはいけない。

アインシュタインの名言

  • 蝶はモグラではない。でもそのことを残念がる蝶はいないだろう。

デカルトの名言

  • 森に迷い込んだ旅人たちは、あちらに向かったりこちらに向かったり迷い歩くべきではなく、いわんやまたひとつの場所にとどまっているべきでもなく、つねに同じ方向にできる限りまっすぐに歩むべきである。

斉藤一人の名言

  • ものごとを否定的に摂るか、肯定的にとるか、その辺の違いが、人の人生を左右するのです。
  • やればやるほどおもしろくなるもの。それを仕事という。

堀江貴文の名言

  • 『商売の4原則を満たした商売』を始めてもどうもたまに上手くいかない人がいるみたいだ。なぜだろう?と疑問に思って考えてみた。で、これじゃないないか?と思ったことが一つだけあった。それは睡眠時間以外のほぼすべてを仕事に使っていないということじゃないかと。

甲本ヒロトの名言

  • 元気ってのは誰かから貰うものじゃないんだよ。自分の心の中にある元気のスイッチを自分で押すんだよ。
    (とあるラジオ番組でリスナーから「ヒロトさん元気をください」というコメントを受けて)

FORK(ICE BAHN)の名言

  • バトルに負ける時は二通りあると思う。自分に負けるか相手に負けるか。前者だと悔いが残る。やりきれない気持ちになる。でも、後者ならアツい悔しさはあっても悔いは残らない。



出典元1:https://grapefruitmoon.info/
出典元2:https://meigen.shiawasehp.net/

ナンパ師が逮捕されないためのリスク管理方法について


 2018年09月05日   机上のナンパ論 
普通、ナンパをしていてその日のうちにセックスしたとしても、合意であり、女性と信頼関係があれば訴えられる(被害届を出される)ようなことはまずない。

しかしながら、男性側の油断や自惚れ、調子乗り、力不足によるコミュニケーションミスによって、あるいは女性側が地雷(美人局、被害妄想、極度の性悪)だった場合などによって、“ナンパ師が加害者にいなってしまう”というトラブルになる可能性がゼロではない。

100人200人と多くの女性と関係を持つのならなおさら、そーいうのは“運”という要素も絡んでくる。

そこで、万が一、ナンパをしていて強姦の疑いをかけられた場合の対応のヒントとして以下の引用を載せておく。

37: 名無しさん :2018/08/31(金) 06:15:04
烏賀陽 冤罪
でググってみんな警察検察への対応を勉強しよう。簡潔にまとまってるわ。

38: 名無しさん :2018/08/31(金) 06:37:39>>37

ググった
最高

ソッコーブクマして
暗記できるようプリントアウトした

道交法違反で
取締り110番
ていうサイトを参考に

一時不停止の冤罪かけられそうになって
警官に
お前の言うことの根拠となる法律と条文を示せ
と念仏のように唱えて
撃退して以来

警察検察が正義じゃないのは知っていたが

刑事事件関連の時でも
同様の対応できると知れて
一生の糧になったわ

貴重な情報ありがとう
ここが匿名掲示板じゃなければ
友達になりたいくらいだ


他のこのスレの住人も
ナンパとか関係なく生きていく上で大切だから

死んでも見とけ

39: 名無しさん :2018/08/31(金) 06:49:17
>>38
役立ったようでよかった。この人は弁護士ではないから若干過激に書いてる気もするけど、方針だけでも頭に入れといて損はない。逮捕されたら難しいけど、任意の取り調べは録音録画オーケー途中で帰ってもオーケー

40: 名無しさん :2018/08/31(金) 06:52:22
塾生3人もこのtogetter知ってれば実刑免れたかもしれない。

41: 名無しさん :2018/08/31(金) 06:55:09
>>39
任意同行求められた時
身分証明書さえ提示すれば(見せるだけで渡さなくていい
逮捕状出てから出直して来いと突っぱねていいこと、
および、スマホ渡さなきゃいけない法律が無いのは知っていたが
実際どう抵抗すればいいのか疑問だった

サンクス

42: 名無しさん :2018/08/31(金) 07:04:34
民事の弁護人は刑事ではド素人だから選んではいけない

よしはるやんw
TMIって民事専門の弁護士つけてたよな?

43: 名無しさん :2018/08/31(金) 07:23:52
https://www.youtube.com/watch?v=H6cWwIQ1rgo

こうやってYouTubeに上げても何も問題ない。モザイクもかけなくていいはず

44: 名無しさん :2018/08/31(金) 07:36:55
そうそう

肖像権は民事で一回認められただけ~
ってさっきのトゥゲッターにもあったのと

そもそも職務執行中の公務員に肖像権が発生しない説が何かの法律を根拠に濃厚らしい

無理やりスマホ奪われそうになったら
取調べ室から110番しちまえ

明らかな職権以上の陵辱行為だから
通報先がマトモに対応するかはともかく
現場にいる刑事や警官への抑止力にはなる

被疑者に法的知識で負けて
対応せざるを得ない正論で反駁されて通報される

なんて

連中が一番気にする出世に響くからね

50: 名無しさん :2018/08/31(金) 11:35:09
>>39
有用な情報ありがとう。
実際には実行できるか、実行したところでうまくいくかは未知数だけど、やるだけやって損はないね。

引用元:https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/23860/1535641606/1-100

ただしこの引用にある内容は、あくまで一例であるということを念頭に置いておきたい。

実際に警察官を目の前にするとパニックになったり委縮して正常な対応ができないかもしれないし、下手なことをして心証が悪化する可能性もないとはいえない。
なので、普段から、信頼のおける(刑事事件、性犯罪に詳しい)弁護士とパイプをもっておき、疑問がある部分は事前に相談しておき、しかるべきときには迅速に対応してもらえるようにしておこう。

また、上にも書いたが、
  • 女性をよく見ること(雰囲気やバックグラウンドに違和感がないか)
  • 女性としっかりと信頼関係をもつこと
  • 数競争、盗撮、クルクルなど万が一のとき心証が悪くなるようなことはしない
などを意識しておけばそもそも捕まることはほぼ無いかと思われる。

さらに、女性と信頼関係が結ばれている証拠を残すのも大切。LINEのやり取りや音声(セックスの合意や行為後のなごみ)など。
しかし今回のように中途半端なら無いほうがマシかもしれない。

だからやっぱり、そもそもこういうことにならないようにリスク管理と信頼関係を重視すべし。

ただ、ナンパをしていると常識とモラルが一般からかけ離れてくることがあるのも事実。
脳が活性して(ハイになる)ため偏桃体が委縮していき、そのようなことになるのかもしれない。
だから、そのようなことがないようにするためにも、調子が良い時ほど“今自分は羽目を外しすぎていないか?”と自問自答しよう。

そして、あくまでナンパは何人の女とセックスしたかではなく、何人の女を幸せにしたかを基準にするべき。セックスはあくまで副産物的なものととらえよう。

とある薬機法に関するツイートへの非難とその解説。


 2018年09月05日   アフィリエイトおぼえがき 
ツイッターは埋め込みさえすれば、あとから鍵が掛かろうとツイ消ししようとテキストだけは常に見れる状態にできる。ってことで今回もまとめとこうと思う。

薬機法についてツイッターのアフィリエイター界隈(通称『谷』)で興味深い議論があった。それぞれの立場での発言が非常に興味深い。


ことの発端はこのツイート。


それに対するこのツイートがちょっと非難を受けている。
非難&否定的なツイートは以下。


てか論文を添付して、配合成分から期待できる効果について解説するのもNG?だとしたらかなり多くの企業サイトも違法ってことになるけど…
この女性が最後のツイートでしている“やり方”や“戦略”ってなんなんだろ。この女性のブログに暫く注目だね。


これからアフィリエイターになりたいっていう人は、このツイートを見たらもう健康、美容分野には参入したくなくなるかもね。ライバルが増えなくてラッキー(笑)


このツイートも同じく。


うーん、ちょっと“きれいごと”のような気もする。

ある程度グレーな部分もあってそこは様子見でいいのでは?
同ジャンルの法人サイトや大物アフィリエイターの(ものと思われる)サイトを見ながらどこら辺のラインならみんなやってるのか?それらの人たちがどれぐらいのリスクを覚悟でやってそうなのかってのも意識する必要はあるけど。


このように刑罰を受けるとシャレにならないしな。だから上に書いたように周辺(同ジャンルの他サイト)の様子を見ながら。

まあ、画像引用とかも、訴えられるかそうでないか?黒か白かグレーか?かなり微妙なんよな。
それと同じ気がする。
例えば、個人ブロガーやデザイナーの画像は訴えられるリスクが高いけど企業サイトの画像は引用を明記すればほぼほぼ大丈夫とか、芸能関係の画像も非難記事はヤバいけど宣伝になるならwinwinとか、ジャニーズとディズニーは厳しいとか、みたいな。


非難したくなく気持ちはわかる。
まあ健康美容系やってるアフィリエイターからしたら、ライバルが増えてほしくないしなー。初心者が薬気法無視して上級者に勝っちゃうなんてことになったら目も当てられないだろし。
ウェルクが叩かれたときの流れになんか似てるなー。なんとなく。

ちなみに上3つはみやえらさんがリツイートしてた。まあみやえらさんが主張したいことは分かる。


この認識は大事だと思う。てかまあ常識の範囲内を考えるというか人としてのモラルってのを意識するのは意外と大事。


まあその通りなんだけどな。厳密な法律内容と実務上どう運用されてるか(他サイトにおいて)と両方を観察していく必要がある。水野さんとかパシさんとかのもってる有名な健康美容ジャンルサイトを観察して参考にするといいかも。


うん、確かに。こういう方法もあるな。悪くなさげ。

子供がプログラミングを学ぶのを嫌がる理由


 2018年08月31日   生き方・生きる方針 
楽しくなるまでにタイムラグがあることは頑張れない。
これは老若男女同じこと。
だから楽しくなるまでのタイムラグが長いことに打ち込めた人が独り勝ちできる。

以下は、上に行くほどタイムラグが長く、下に行くほどタイムラグ短い。
  • 起業で成功
  • プログラミング
  • 資格試験
  • 英語
  • アフィリエイト(ホワイト)
  • 大学受験
  • ブログ
  • アフィリエイト(ブラック)
  • 恋愛工学
  • ストリートナンパ
  • 風俗
  • ネットゲーム
  • 暴飲暴食
  • オナニー
ちなみにナンパをビジネスにして徹底した商品や仕組みを作り上げる場合は起業と同じくタイムラグは長い。
またタイムラグを楽しめる人はかなり得。おいしい。


デジタルネイティブとか言われてるけど、子供はいつだってタイムラグが長いものには興味がもてないもの。ゲームやお菓子みたいにプログラミングの本を楽しんで読めるわけないでしょw

それが出来ちゃうのは大人か、天才か、誰かに無理やりやらされてるか、のどれか。