忍者ブログ

神経伝達物質(主にドーパミン、ノルアドレナリン)をコントロールする方法


 2018年12月09日   生き方・生きる方針 
これから君たちに、やりたくないことでもアッパーな気分で集中して取り組め、最大限のパフォーマンスが出せる方法を伝授しよう。

まず、以下の項目は人の能力を一時的に上昇させる条件だ。
  • カフェイン
  • コンサータ
  • 覚せい剤
  • アッパー系ドラッグ
  • 断食(拒食症)
  • ブロンOD
集中力やワーキングメモリがない人でも、覚せい剤やコンサータによって一時的に超人化できる。ちなみにコンサータとは緩やかで弱い覚せい剤みたいなもんだ。
ほかにも、極度な食事制限や、鼻詰まりを治す市販薬のオーバードーズ、その他アッパー系ドラッグ、カフェインの過剰摂取などでも似たような作用を起こせる。ちなみにラッパーのUZIさんはブロンのODによって難関大学の受験勉強を乗り越えたらしいw

これらによって、脳がクリアになり、何にで、もるで好きなことに取り組むかのごとく、意欲的になり、すぐさま開始でき、集中できるのだ。
なんせ無理やり神経伝達物質(主にドーパミン、ノルアドレナリン)を出すわけだからな。

しかしこれらは副作用や依存性がある。

よって以下の項目に変えていくことが望ましい。
  • すべき行動への苦痛を取り除く
  • すべき行動をしやすくする
  • 楽しくなる工夫をする
  • 楽しいことを選んでする
  • 根性
  • 自分の壁を壊す
  • 習慣化する
  • 食事制限をする
ようは安易な方法ばかりに頼らず、ちゃんと前頭葉で考えて、創意工夫をして改善していけってこった。
では、健闘を祈る。

悪意を持ってそれを続けてしまうということ。


 2018年10月14日   生き方・生きる方針 
一時期アフィリエイター界隈で『ゴリラ』という人が有名になった。悪い意味で。
簡単に言うと、ゴリラは広告主側の人間で「アフィリエイターの力量によって承認率を変える」という旨をツイートして炎上になったのだ。

その後、ゴリラは自社製品の健康食品を自らも副業でアフィリエイトしていたんだけど、とある不正をして自滅した。
まあ詳細は以下を見れば分かりやすいと思う。

https://syakkin500.com/golira-affi/
https://www.buzzfeed.com/jp/seiichirokuchiki/ishi-sasho-blog-uragawa

で、ここからが本題。

彼は以前あるツイートをしていた。

そのツイートは今となっては見つけることができなんだけども、覚えている範囲で書いてみる。
悪いことをするのには2種類あって。悪いと分かっていて悪意を持って悪事を働くパターンと、自分がやっていることは悪いことではないと信じてやっているパターン。一見、前者の方が分かっていてやっている分、悪質に感じるかもしれないが、実は本当に危険なのは後者である。
みたいな内容だったと思う。

これは俺の考えとは真逆であったため非常に興味があり、関心というか、参考になるなーと思ったのだだが、結果として彼は自滅してしまった。

彼は、悪いと分かっていることを自らの裁量でやり続けた結果としてこのような結果になったのだ。
つまり彼の考え方である「悪意を持って悪行をはたらくのは“まだ”安全である」という方が実は危険ではないのか?と感じた。

ところで、最近リアルナンパアカデミーというナンパ塾の生徒および講師が逮捕された。
彼らのことは昔から知っていたのだが、その動向を見ているとまさに“モラル的にはアウトだと分かっているが法的にはセーフなので問題なくやる”というスタンスであった。
結果として、彼らも取り返しのつかない破滅的な状況をむかえてしまったわけだが、ここから考えられることはやはり、モラル、つまり社会的な正義に反すること、少なくとも“悪いと思ってやる”という行為を繰り返すことは、たとえ合法であっても、あるいはバレる確率が非常に低いとしても、危険な行為だと言えよう。

また、自分の正義に反してそれを続行するというのもよくない。そのマインドは自分自身のモラル意識を著しく低下する危険性がある。

子供がプログラミングを学ぶのを嫌がる理由


 2018年08月31日   生き方・生きる方針 
楽しくなるまでにタイムラグがあることは頑張れない。
これは老若男女同じこと。
だから楽しくなるまでのタイムラグが長いことに打ち込めた人が独り勝ちできる。

以下は、上に行くほどタイムラグが長く、下に行くほどタイムラグ短い。
  • 起業で成功
  • プログラミング
  • 資格試験
  • 英語
  • アフィリエイト(ホワイト)
  • 大学受験
  • ブログ
  • アフィリエイト(ブラック)
  • 恋愛工学
  • ストリートナンパ
  • 風俗
  • ネットゲーム
  • 暴飲暴食
  • オナニー
ちなみにナンパをビジネスにして徹底した商品や仕組みを作り上げる場合は起業と同じくタイムラグは長い。
またタイムラグを楽しめる人はかなり得。おいしい。


デジタルネイティブとか言われてるけど、子供はいつだってタイムラグが長いものには興味がもてないもの。ゲームやお菓子みたいにプログラミングの本を楽しんで読めるわけないでしょw

それが出来ちゃうのは大人か、天才か、誰かに無理やりやらされてるか、のどれか。

ひとつの事象から偏見が生まれるメカニズム


 2018年07月14日   生き方・生きる方針 
たとえば男性恐怖症の女性がいるとする。

彼女はおそらく男性において嫌な経験・トラウマがあってそれを全ての男性に当てはめてしまっているのだと思われる。
ひとつのトラウマを全ての男性に当てはめて避けるようになるのだ。

これは社会性・一貫性の法則の一種であり、人間の本能である。

この場合、男性というカテゴリーへの偏見であるが、個人や固有のもの・事象への偏見も同じようなメカニズムで起こる。

たとえば、
  • ああすればうまく行った、あの人に教えてもらった、などの経験則から、それを全てに当てはめてしまう場合。
  • 個人のマイナスの行動や発言を見てしまいその個人そのものを否定してしまう。その人のやること言うことは全て悪だと決めつけてしまう。

もう一度言うが、これは人間の本能である。社会性、一貫性の心理によるもの。

つまり自然体でいると陥ってしまう。

陥らないように意識していくべき。

誰かにものを教えるというのは人間の根源的な欲求


 2018年06月08日   生き方・生きる方針 
上から目線で人に教えたり指導するってのは人間の根源的な欲求なんだと思う。
(上から目線って言ってももちろん、表面にそういう態度は出さないようにして)

女としゃべっていてもそうだし、父親としゃべっていてもそうだし、はてなブログでいつもコメントくれるあの人もそうだから。

よって、
  • 人に何かを教えてもらって感謝・関心・尊敬を示す
  • 逆に人に何かを教えて自分が気持ち良くなる
というのがコミュニケーションの充実や自分自身の幸福の追求において正しい人生戦略かと思う。



あ、そういえばさ、コンサルを生業としてる人って楽しいんだと思う。
金もらって根源的な欲求も満たされるんだから。

アフィリエイトで稼げなくなったからコンサル始めるんだろ?とかいうけど、それよりも人に教えたり指導したりしてドヤるのが快感なんだと思う。
(ドヤるっていってももちろん、表面上はそういう態度はださないけど)

誰かに何かを教える仕事ってのは楽しいんだよきっと。もちろん大変な部分もあると思うけど。