忍者ブログ

発達障害の診断を受けに行くか迷っている人へ


 2020年02月19日   メンタルヘルス 
発達障害の診断を受けに行こうと思っているが発達障害じゃありません(あなたは怠け者なだけです)と言われるのが恐くて行けない人が多いらしい。
また逆に、“ADHDの気がある”程度でもいざ診断されてしまうと障害に甘えてますます努力を怠ることを心配して疑いがあるのに病院行けてない人も結構いるようだ。

そういった人達へアドバイスしたい。

まず発達障害は医者によって診断基準や結果が変わってくる。さらに問診時に患者の困りごとの伝え方が大袈裟なら診断は降りやすいし、逆に過小申告すれば診断は降りにくくなる

このように同じ人でも診断結果が変わってきたりするのだ。

というかぶっちゃけ診断基準の緩い病院に行けば日本人の10%ぐらい発達障害の診断降りるんじゃないかな。

つまり発達障害はそれほど曖昧な概念なので、診断の有無にはそこまで拘る必要ないんじゃないかなと、俺は思う。

なのでもし自分が発達障害の傾向があると感じたのなら、まずは困りごとやその対策法について情報収集(今はネットや書籍でも沢山情報がある)して自分なりに対処して工夫していけばいいのではなかろうか。

もしそれでもダメで、自分は支援や介護が必要なレベルで社会に対応できない(引きこもりになったり転職を繰り返したり)と感じるのならば、投薬(ストラテラ、コンサータ、インチュニブ)や支援(自立支援、障害者手帳、生活保護など)を受けるため診断もらいに行くのもありだと思う。それからでも遅くはないだろう。

そして医者から発達障害の診断を受けると、
  • 保険やローンが組みにくくなる
  • 結婚のときカミングアウトで悩む

などのデメリットもあるので注意する必要がある事も忘れてはならない。

発達障害の診断を取得してそれをネタに商売する(発達障害インフルエンサーになる)のなら、軽度で受診してもメリットがデメリットを超えるかも知れないが、そうでないなら軽度の場合、受診する必要は無いと感じる。

正直、最近やたらと発達障害の診断をもらいたがる人が増えてきてる気がする。なんか気持ちが悪い現象だなと思う。


『発達障害と言いたがる人』という書籍があるがまさにその通りに社会になってしまったなあ。

コンサータにおける近年の状況と使うべきかどうかの判断


 2019年12月20日   メンタルヘルス 
コンサータは2014年に成人への投与が解禁されてまだ間もなく、精神科医達も早急に臨床データを集めたいのでここ数年は簡単に処方されまくってきた。

しかしあまりにも流通しすぎたため、2019年12月に規制(処方できる病院の制限、患者登録制)が入った。

コンサータの有効成分はメチルフェニデートというもので、これは覚醒剤の有効成分としても使われることがある。効能としては一時的に集中力を向上させることが出来るため欲しがる人も多い。

集中力が上がるのならスマートドラッグとして良さそうなのだが、やはり、外的な作用で一時的に気分や能力を向上させるので、精神的に依存しやすく一度使用すると止めれなくなる可能性が高いという問題がある。

副作用としては、肝機能への悪影響、心臓血管系の疾病リスク、精力減退などがある。また長期投与(数十年単位)の臨床データが無いため、将来的に覚醒剤による幻覚妄想症状のような副作用が表面化してくる可能性もある。

コンサータを取り巻く現状の動向としては、12月の規制によって処方できる病院が少なくなったことにより、コンサータ依存の患者達が処方できる病院に殺到するなどの現象が起きている模様。
将来的な安定供給が保証されないという点でもコンサータは初めから飲まない方が良いのかもしれない。

意欲が無い、集中力が無い、注意力の欠如、こういった問題を早急且つ手軽に解決してくれるのがコンサータだが、これらの問題は本来人生の中で小さな工夫を積み重ねそれらの掛け算によって解決していくのが良い。
「これさえあればまともな生活が保てる」ではなく「これとこれとこれとこれ…を掛け合わせることで生活が保てている」という状況の方が健全かつリスクが少ないだろう。時間と根気と根性は必要だけどもね。

ストレスが溜まりやすい性格の人がストレスが溜まりにくくする方法


 2019年05月13日   メンタルヘルス 
発達障害か癇癪持ちかは分かりませんが、ストレスが溜まりやすい性格なのかも知れませんね。

長期的な対処法としては、性格(考え方の習慣)を変えることです。
腹が立つこと、不安、嫌なことがあるときは好きなことをしたりして忘れるようにします。嫌なことはすぐに忘れる習慣をつけるということです。
ストレスが溜まりやすい性格の人は「腹が立つときは腹を立てているべきだし、不安があるときは不安を噛みしめるべきだ、その方が自分に正直だ」と考えがちです。
しかし、これは良くない考え方の癖です。腹が立つときや不安に感じるときは他の事を考えて忘れるべきです。これを習慣づけます。

ただ、考え方の習慣を変えるには年単位の時間がかかることがあります。なんせ性格を変えることなので結構難しいです。
そこで短期的な対処法も書いておきます。

・腸内環境を整える
・タンパク質をとる
・急激な血糖値の上昇をしない
・散歩をする

【腸内環境と整える】
腸は第二の脳と呼ばれているほどで腸内環境が悪いとイライラが溜まりやすくなります。野菜をとり食物繊維を多く摂り、ヨーグルトなどで乳酸菌を摂りましょう。

【タンパク質をとる】
ストレスがたまると、脳の神経伝達物質が減少して幸福感が弱まります。すると余計にストレスが溜まります。
そこで、神経伝達物質の材料になるタンパク質(肉、魚、大豆、卵、乳製品)を意識して摂るようにします。

【急激に血糖値を上昇させない】
甘いもの(ジュース、お菓子)を食べると血糖値が急激に上がり、そのご急激に下がります。そのときにアドレナリンというホルモンが分泌してイライラの原因になります。なので甘いものの一気食いは控えましょう。

【散歩をする】
ストレスが溜まらないように小まめにストレス解消するのがいいです。友達と遊んだり、趣味に打ち込んだり。
しかしそういったものが手軽にできないのなら、ウォーキングをお勧めします。散歩をすると先ほど書いた神経伝達物質の分泌が良くなりストレスが減ります。なので沢山歩くと良いですよ。

以上の長期的な方法と、短期的は方法を試してみてくださいm(__)m

大人の発達障害を疑う大学生への助言


 2019年05月05日   メンタルヘルス 
最近、多動性や注意欠陥がある、また空気が読めずコミュニケーションで苦労しているとの悩みがあり、発達障害を疑っている女子大生と話しをした時の、俺からの助言が割と秀逸だったのでここに書いておくw

幼少期にどうだったかが分からないと何とも言えないですね。
大人になってからその症状が出たのなら別の病気や原因が考えられますが、幼少期から何らかの症状(多動、注意欠陥、空気が読めない)がずっと続いているのなら発達障害の可能性があります。
ただ、普通に大学やアルバイトに行けていて友人関係も築けているのなら軽度だと思いますが。

病院の受診についてですが、軽度の場合は診断結果がまちまちになります。
「あなたは発達障害です」とはっきりと診断が降りるところもあれば、「グレーゾーンです」とか「発達障害の可能性がある」とだけ言われることもあります。
また、病院によっては「発達障害ではないです。気にしすぎです。」と言われることもあります。

なので、病院に行くかどうかは、あなたが発達障害の確定診断が欲しいかどうか?が重要になってきます。
もし確定診断が欲しいのであれば、診断が降りるまで病院を何件かまわればいつかは診断は降りると思います。

しかしながら発達障害の診断が正式に降りるということが人生においてデメリットになることもありますので注意が必要です。

以下は確定診断を受けることによるメリットとデメリットです。

【メリット】
・投薬(ストラテラ、コンサータ)を試せる
・障害者手帳の取得など社会的な支援が受けれる

【デメリット】
・社会的信用が下がる
・思わぬところで偏見にあう

これらをよく考えて診察を受けにいってください。

現時点で投薬や社会的な支援が欲しいわけでは無いのであれば、急いでいく必要はないかと思います。
発達障害について自分なりに書籍やネットで調べて、諸々の困りごとへの工夫や対処法と今後の生き方の指針をじっくりと考えていくと良いでしょう。

努力や根性で解決するのではなく、『工夫をする』『向いていないことは諦める、避ける』というのが、発達障害の特性がある人の生き方だと思います。
時間は掛かるかもしれませんが、それを個人個人でカスタマイズしていくしかないです。
それでも、どうしても無理なら確定診断をもらい障害者として社会的な支援を受けながら生きていくというのも選択肢として考えましょう。

以上!!

精神疾患の予防因子


 2018年11月18日   メンタルヘルス 
メンヘラやうつ病改善に効果のある方法をリスト化してみた。病んでる奴は役立ててくれ。

朝に日光を浴びる

夜しっかり寝たうえで午前中に太陽の光を20~30分あびることで幸福物質『セロトニン』の分泌が増える。ちなみに運動も同様にセロトニンの分泌が促進される。
逆にこれが減ることで鬱病のリスクが上がる。

緑のある場所を散歩する

森を歩くグリーンエクササイズによってストレスが軽減される。公園など緑のある場所を5分程度歩くだけでも効果がある。

食物繊維や善玉菌をとる

腸内環境を整えることでメンタルが向上する。腸内環境が悪いとホルモンバランスが変化しメンタルに悪影響をきたす。

オメガ3脂肪酸の摂取

青魚などに含まれる『オメガ3脂肪酸(DHA、EPAなど)』には鬱病のリスクを減らす効果があると言われている。

ビタミンDの摂取

血中のビタミンD濃度が低い人ほど鬱病のリスクがある。

瞑想・マインドフルネス

反芻思考は鬱病など精神疾患の大きな原因となるが、瞑想やマインドフルネスには反芻思考を止める効果がある。

その他メンタルを向上させる因子

  • 日付けが変わる前に就寝する
  • 適度な運動をする
  • アルコールを摂らない
  • 紙に感情を全て書き出す
  • 読書をする